2011年12月28日水曜日

"Hugo""Sherlock Holmes: A Game Of Shadows""Arthur Christmas""Real Steel""The Mill & The Cross"


*秋から冬にかけて観た映画のまとめ*

"Hugo"「ヒューゴの不思議な発明」

マーティン・スコセッシ監督作。3Dです。
これは、なるべく予備知識を仕入れずに観ることをオススメします! 原作も先に読まないで。そして映画が好きな人ならば、きっと観ましょう! だから余計なこと書きません! スコセッシがね――、いやいや、書きません!

"Sherlock Holmes: A Game Of Shadows"「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」

え、あれでアイリーン、死んじゃったの!? あっさりしすぎじゃん! 代わってのヒロイン役は、「ミレニアム」のリスベスを演じたスウェーデンの女優さんではないですか。

前作にも増して、ホームズとワトソンがブロマンス関係を悪ノリしてました。「これは一番原作に近いワトソン像なんだ、賢くて」と、ダウニーは言うけれど……? ダウニー・Jr.って役者としてすごいと思う。芸は身を助ける。

"Arthur Christmas"「アーサー・クリスマスの大冒険」

アードマンのCGアニメーション。「マウスタウン」はちょっとすべってたけど、これは好き! 長編アニメの成功の鍵は、モブキャラの成否にかかっているかもです。「W&G」の羊たち、「トイ・ストーリー」の宇宙人たち、「月泥棒」のバナナたち、本作の妖精たち……。

往年のストップモーションアニメ、「ルドルフ 赤鼻のトナカイ」などと比べると、テンポとスピードの加速っぷりは、まさに隔世の感あり。ちなみに「ルドルフ」シリーズはたくさんあって、この冬は4本ぐらいTVで観ました(^_^;)  フレッド・アステアが声を当ててたりとか、なんかルドルフがサーカスで働く話とか。日本語教室の教え子に聞いたら、「もう何度も観てる」って言ってました。日本人が作ったんだよ、と教えたら、やっぱり驚いていたけど、でも3秒で忘れるんだろうな。

"Real Steel"「リアル・スティール」

わーこれ、リチャード・マチスンが原作だったんですね!
うーん、ここまでお子ちゃま向けだったとは、予告編で騙されました。
タイトルは"real steal"(お値打ち物)のひっかけ。

"The Mill & The Cross"「ブリューゲルの動く絵」

ルトガー・ハウアーがブリューゲル役の、変わった作品。シャーロット・ランプリングやマイケル・ヨークも出ています。蜘蛛の巣をキーワードに、CGを駆使して、活人画のように、ブリューゲルの絵画を再現する映像が素晴らしいです。ちょっとNHKかなんかの番組を観ているようでもあったけれど。渋谷あたりのアート系上映館にピッタリな作品。

2011年12月27日火曜日

"THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO"「ドラゴン・タトゥーの女」

原作は読んでいないけれども、オリジナル版は3作ともDVDや映画で観て、かなり強い印象を持っていたのでリメイクにはやや懐疑的でした。でも、デビッド・フィンチャーが監督するのだから、オリジナルとは違った、興味深い一本になるだろうという予想も容易につきます。そんなわけで、二律背反した気持ちを抱きつつ、この時期一番心待ちにしていた期待作として、イソイソ映画館に向かいました。

"THE ADVENTURES OF TINTIN: THE SECRET OF THE UNICORN"「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」


日本より半月ほど遅れて、クリスマス直前にアメリカで公開されました。感謝祭のサービスで、"World Market"というお店が配っていた先着100名のタダ券を使い、3D版にて鑑賞。ちなみにこっちでは「ティンティン」って発音です。

数ヶ月前、フランスあたりで上映された時、評判が悪かったらしいですが、アメリカでは高評価です。日本ではどうですか? 最初は違和感のあった3D版のタンタンにも、予告編や宣伝を何度も見せられるうちに慣れてしまいました。