2012年6月24日日曜日

"BRAVE"『メリダとおそろしの森』

 ハイランドゲームでもらったグッズ(ポスター、
うちわ、はがきセット、Bravery Detector)と
劇場でもらったステッカー。
ピクサーの新作アニメーション"Brave"を見てきました。土曜日の11amの回、3D版です。本当は初日の金曜日に見たかったけれど、学校があったのです。

ディズニーの宣伝が公開1,2ヶ月前からすごくて、劇場に行くと"Brave"の赤毛の三つ子のポスターやシールが壁に貼られており、その場所をスタッフに告げると特製ステッカーがもらえるキャンペーンを展開したり、"CUPCAKE WARS"という料理番組のテーマになったり、SUBWAYサンドウィッチとタイアップしたりとあの手この手で大プッシュしてました。もちろんそんなにプッシュされなくても、去年、メリダが馬で森を駆ける特報映像を目にして以来、公開を待ちこがれていたわけですが、さらに気分も盛り上げるべく、ちょうど公開一週間前にサンタクルーズで開かれたハイランドゲームス(スコットランド祭り)にいそいそ行くと、ここでもディズニーは抜かりなく、メリダにちなんだアーチェリーのお試し会や、"Brave"グッズを配ったりしていました。

SUBWAYのバッグと3Dカード



きっと子連れの観客でいっぱいだろうなー、早めに行っていい席確保しなきゃ、と張り切って20分くらい前に行ったら、劇場はまだ準備中で、「10分前に開きます!」と言われ、思いっきり肩すかし。10分前って…。一組のカップルと一緒におとなしく待ち、場内に入ると、当然一番大きいスクリーンでやるのかと思いきや、2番目の小ぶりな部屋での上映です。なんだろうこのやる気のなさ。ヒットを期待してないのだろうか? あんなに宣伝してるのに…。結局、まばら〜な客席でさびしい鑑賞とあいなりました。あらら…。女の子を主人公にした戦略、裏目に出たかしら。(全米的には立派な興行成績で1位を射止めています。サンタの動向は参考になりません)



ピクサーアニメーター3人の直筆イラスト。
世界に1つ!
(詳細は下に)

スコットランドのとある国の王女として生を受けたメリダ(ケリー・マクドナルド)。強くたくましい父王(ビリー・コノリー)、優しく賢く、完璧な女王である母(エマ・トンプソン)、そしてわんぱくな三つ子の弟たちに囲まれて、アーチェリーが得意な跳ねっ返り娘に育ったメリダもお年頃に。帝王学ならぬ女王学教育に余念のないエマトン母〈顔も似てる)が、他氏族から3人の花婿候補を呼び寄せて縁組みをお膳立てしますが、メリダがおとなしく従うはずもなく……。


2012年6月15日金曜日

"Prometheus"『プロメテウス』

劇場でもらったポスター
IMAX 3Dにて鑑賞。近年のIMAXは、ばかでかいスクリーンではないのですね。

リドリー・スコットがSFに帰ってきた! ああ、長生きはするものです。『ブレードランナー』の続編も、2019年より前に見れそうだし。

期待度130%で観にいったのですが、裏切られませんでした。いやいや、怖かったですよ〜、ドキドキしましたよ〜。映画が進むにつれ緊張度は増し、座席で縮み上がっていました。ふう、スコットSF健在!! (アメリカでのプロモーション、「『エイリアン』『ブレードランナー』のリドリー・スコット監督作」として宣伝しているのがうれしい。日本じゃ『グラディエイター』なのね)