2012年7月21日土曜日

”The Dark Knight Rises" 『ダークナイト ライジング』

クリストファー・ノーラン監督と、クリスチャン・ベールのコンビによる“バットマン”三部作の最終作です。二作目の『ダークナイト』はとても評価が高く、誰もがヒース・レジャーのジョーカーに強烈な印象を植えつけられたことと思います。その次作であることに加え、めくるめく傑作『インセプション』を挟んでの3作目とあっては、ファンの期待もおおいに高まるというものですが、低評価を下した評論家をネット上で個人攻撃するほど加熱していたとは、知りませんでした。


ハービー・デントの一件から、はや8年。心と体の傷が癒えないブルース・ウェインは、邸宅に引きこもって隠遁生活を送っていた。デントとバットマンが組織犯罪を一掃したため、ゴッサムシティは平和が保たれ、バットマンの出番もなかった。そう、ベインと名乗るリーダーに率いられた犯罪組織が現れるまでは——。

2012年7月1日日曜日

"Ted"

マーク・ウォ−ルバーグの親友は歩いてしゃべるクマのぬいぐるみ、というコメディ。

といってもお子様向けではありません。このクマ、とんでもなく口汚くてお下品なのです。R指定映画です。

予告編で、クマの下品ぶりをたっぷり見せつけられていたので、覚悟して観にいったせいか、思ったほど不快な思いはしませんでした。というか、笑っちゃった(^_^;)。