2013年7月23日火曜日

"The Conjuring" 『死霊館』

湖畔の農場に引っ越してきた一家が遭遇する、恐怖の体験を描いたホラー映画です。

とにかく、掛け値なしに怖い! と、太鼓判を押すレビューがたくさんです。

監督は『ソウ』のジェームズ・ワン。低予算ながら初登場第一位を射止めました。もう、この監督のハリウッドでの地位は安泰でしょう。

2013年7月16日火曜日

"Pacific Rim"『パシフィック・リム』

燃えます、萌えます。デル・トロ監督の『パシフィック・リム』。

ただ、どうしても、アメリカ人の俳優の方々が「Kaiju」って言う度に、緊張が解けてガクッとなってしまいましたが。(^_^;) なぜ日本語の名称がついたのかについては、何の合理的説明も作品中では出て来ません。最初に出現したのが日本というならまだしも、最初に襲われたのはサンフランシスコ(あら、ご近所)ですからね。問答無用ですね。まぁ、英語のmonsterだと、「巨大なクリーチャー」というイメージが出ないので、(一般の英語圏の人には)耳なれぬ響きの「Kaiju」って呼んだ方がしっくりくるのかもしれないですね。

2013年7月7日日曜日

"World War Z" 『ワールド・ウォー Z』

ブラピのパニック・ムービー『ワールド・ウォー Z』を観てきました!

ブラピは、妻と2人の娘を持つお父さん。その朝も、家族のためにパンケーキを焼いてあげた後、家族を乗せてフィラデルフィアの町を運転していた。道路は渋滞でちっとも進まない。その時、異変は起きた。なんだか周りが騒然としだし、警官のバイクが車の列を縫ってあわただしく行き交う。なにが起きているのか、不思議に思う間もあればこそ、津波のようなゾンビの群れが、町の人々に襲いかかる——。