2013年8月18日日曜日

"Kick-ass 2"

公開初日、1PMの回を鑑賞。初日なのにまばらな観客。客層的に、昼にはあまり集客できないのかもしれません。子どもや年配は、観ないのでしょう。

1作目から3年が経ち、デイヴ(キックアス)とミンディ(ヒットガール)は、それぞれ高校3年生と1年生として、同じ高校に通っている。二人はスーパーヒーローチームとしてタッグを組むのだが、ミンディの後見人(彼女の亡き父親、ビッグダディの警官時代の相棒)は、ヒットガールとしての活動を禁じ、普通の女子高校生として暮らすことを強要する。仲間が欲しいデイヴは、ジム・キャリー演じるスターズ・アンド・ストライプス(星条旗)大佐たちのスーパーヒーローグループに加わる。大佐以外のメンツは頼りないけれど、徒党を組むのは楽しく、うまくやっていけそうだった。大佐は改心した元悪党で、犯罪の臭いを嗅ぎつけるのが得意なのだ。命令一下で男の急所を食いちぎる、頼もしい(?)ジャーマン・シェパードも飼っている。

2013年8月10日土曜日

"Elysium" 『エリジウム』

『ディストリクト9』のニール・ブロムカンプ監督、待望の第2作を、公開初日に観てきました。初日だけあって、久しぶりに半分以上客席の埋まっている回でした。

It's official. (←私が日本語を教えているティーンエイジャーの双子ちゃんお気に入りの表現) ニール・ブロムカンプ監督は、21世紀のポール・バーホーベン監督だ!

2013年8月5日月曜日

"THE WOLVERINE" 『ウルヴァリン:SAMURAI』

公開初日に行ってきました。

ウルヴァリン、日本に見参!

うーん、違和感。限りなく違和感。ウルヴァリンと日本、全然合わない。念力戦の『XーMen』の世界に、刀の入りこむ余地はない。

ロジャー・エバート門下生たちの映画レビュークリップ"What the Flick?!" で、若手のレビュアーたちが興奮気味にベタぼめしていました。アクションが凄い! 特に新幹線のシーンは文字通りぶっ飛んだ! みたいな。

2013年8月4日日曜日

"Fruitvale Station"『フルートベール駅で』

2009年の元旦未明、カリフォルニア州オークランドで起きたとある事件をもとに映画化した作品です。

タイトルの「フルートヴェイル駅」は、BART(サンフランシスコ市内と近辺をつないで走る電車)の駅の一つで、オークランド市にある。その駅で、2009年の元日、たいへんにショッキングな事件が起きた。電車内で騒ぎを起こし、車両から降ろされ駅の壁際に並んで座る数名の黒人青年の一人が、警官に撃ち殺されたのだ。現場を記録した携帯電話による映像がユーチューブに公開されたため、当時の状況は衆目の知るところとなり、全米がこの事件に注目した。後ろ手に手錠をはめられ、警官によって乱暴にうつぶせにされた被害者が、背後から銃で撃たれた様子が、携帯の映像にはっきりと収められていたのだ。殺された黒人青年の名前は、オスカー・グラント。享年22才。後には、4才になる娘が遺された。