2014年12月3日水曜日

三鷹コミュニティシネマ映画祭

会場となった三鷹産業プラザ
(しばらく日本にいます)

三鷹コミュニティシネマ映画祭に行って参りました。

第5回となる今年は、11月22日〜24日の3日間に渡って開催されました。

35mmフィルムによる上映で、午前中は往年の東映まんが映画が上映され、ワンコイン(500円)で観ることができます。午後の部は、1日目が『天井桟敷の人々』、2日目が高畑勲監督特集(トークショーあり!)、3日目が女優の渡辺真起子特集(トークショーあり!)というバラエティに富む魅惑のプログラムです。

『LEGO(R) ムービー』The LEGO Movie

DVDを借りて観ました。

3DCGだと言われていても、もう本物のレゴブロックをコマ撮りで撮ったとしか思えない質感、動き!! すごいし、楽しすぎる。作っていても、すごく楽しかったと思う。いや、もちろん凄く大変だったとは思うけれど。ちゃんと、CGソフト(MAYAだそうだ)の中で、CG製のブロックのパーツを組み合わせて、作ったみたいですね。

2014年8月15日金曜日

『思い出のマーニー』

コピッと日本にいます。

水曜日、時間が空いて、公開二週目ぐらいの『思い出のマーニー』を観にいきました。
コケたと聞いていたのですが、映画館に行ったら、列が出来て、スタッフが誘導していました。しまった。ここは日本だった。どんな話題作でもガラガラのどいなかサンタとは違うんだった。レディースデーだから、女子がわんさか。それに、よく考えたら、ここは吉祥寺。スタジオジブリのお膝元やんけ。そういえば売り場に、監督直筆の色紙が飾ってありました。

座席は飛行機のエコノミー席より小さいけれど、しっかりしていて快適な座り心地。アメリカのギシギシ、ゆるゆるな座席と大違い。そして何が感動したって、クレジットが終わるまで、誰一人! 席を立たなかったこと! ちゃんと予告編が始まるまでにみんな席についていたし、本編中は静かに熱心に鑑賞してしてたし!

さて、映画はというと、「ああ、宮崎とは違うんだなあ」という感慨を、ひたすら観客に感じさせる作品でした。ただきれいな画面を楽しめればいいと思ったのにな。

一生懸命、宮崎の衣鉢を継ごうと頑張っているけれど、頑張れば頑張るほど、違いがくっきり出てしまう。形をなぞっているだけであることを自ら証明してしまう。演出上の例を挙げれば、湖で、主人公が靴をぬいで水に浸かるところ。宮崎なら、あそこで、脱いだ後の靴下の処理の描写まで、きっちりしていたと思う。靴につっこむとか。でも、「仏作って魂ナントカ」なのは、演出上だけの問題じゃないけれど(これ以上書くともっと悪口になってしまうので書きません)。

あと、太めな女の子のキャラクターデザインと台詞は、いかがなものでしょう。最初、大人のキャラなのかと思っていました。先生なのかと。

いちばん疑問なのは、なぜこれをアニメにしたかったのか、さっぱりわからなかったところ。作ってて、楽しかったですか?

2014年7月23日水曜日

"A Boy and His Dog"


短編ドキュメンタリー映画です。イギリスの大学の映画科学生が、卒業制作として作った映画ですが、2014年2月のアップロード以来、YouTubeで300万件のアクセス数を突破しました。

これは、ハッチという名前の大きな、大きなアナトリアン・シェパードのワンコと、オーウェンという名前の男の子の物語。ハッチは電車に轢かれて、足と尻尾をなくしました。三本足のハッチを引き取った一家が、オーウェン君の家族。オーウェン君は、シュワルツ・ヤンペル症候群という、世界に百人ぐらいしかいない難病(筋肉がギュッとなりっぱなしで緩まないので、歩行などの運動がスムーズにできず、徐々に骨を圧迫していく病気。遺伝子の珍しい欠陥が原因)をわずらっており、そのせいでひどく内気な子どもだったのですが、ハッチがやって来たその日から、固い絆で結ばれ、どんどん外交的で積極的な子に変わって、というかオーウェン君本来の、明るくて聡明な性格を取り戻していきます。国際的なドッグショーで賞をもらったことから、ハッチとオーウェンの軌跡のコンビはイギリスじゅうの評判になり、ニュースや、この短編映画や、本やFacebookなどを通し、やがて世界に飛び火していきます。

日本でも、2014年5月、TV『奇跡体験! アンビリバボー』でとりあげられたので、ハッチとオーウェンを知っている人もいるでしょう。そして、去る7月17日、奇しくもハッチの誕生日に、書籍『ハッチ&リトルB』の日本語版が出版されました。著者はウェンディ・ホールデン、翻訳は不詳電気羊(本名使ってますが)。本では、ハッチが恐ろしい鉄道事故に遭った晩にはじまり、RSPCA(英国動物虐待防止教会)のスタッフや、動物を愛するボランティアたちがハッチを救おうと奮闘する姿(「ハッチ」という名前は、ボランティアの一人が、忠犬ハチ公からとってつけた)、一命を取りとめた後の里親捜し、オーウェン一家との運命的な出会い、少年の劇的な変貌、ハッチのケガと、オーウェンの病気に一家一丸となって立ち向かう姿と、巻き起こるハッチフィーバーの様子が、とても生き生きと、平易な語り口で語られていきます。イギリス、アメリカでベストセラーになりました。

本でも、ハッチをじかに見ただれもが口をそろえているのですが、とにかくハッチの目には、人をハッとさせる何かが宿っており、オーウェンとツーショットで写るハッチのばかでっかいこと!

短編映画を見たり、『アンビリバボー』でハッチとリトルB(オーウェン)に興味を持った人は、ぜひぜひ、本も読んでみてください!

"A Boy and His Dog"
『奇跡体験! アンビリーバボー』 ハッチとオーウェン特集
ハッチのFacebook
ハッチ&リトルB
アニマル・ホスピタル」ハッチが手当を受けたハームズワース病院の院長が描く、忙しい動物病院の日々。

2014年5月20日火曜日

"The Railway Man" 『レイルウェイ 運命の旅路』

コリン・ファースの主演作。日本とほぼ同時公開の、イギリス映画です。

第二次大戦中、タイ(だっけ?)で日本軍の捕虜になり、強制的に鉄道建設で働かされたイギリス軍兵士の回想録を映画化したものです。

年末公開予定の『Unbroken』とダブります。こちらは元オリンピック・ランナーだったアメリカ兵が、日本で捕虜になり、それはもう筆舌に堪えない拷問を受ける実話をアンジェリーナ・ジョリーが映画化した作品で、すでにアカデミー賞候補の呼び声が高いです。脚本はコーエン兄弟。題材が題材なだけに、配給会社は日本で公開するかどうか迷っていると聞きましたが、結論は出たのかな。
"Unbroken"

こちらは日本で公開したんですね。勇気ありますね。真田さんが出ているからかな? 日本での評価はいかがですか?

劇場内は、いつも通り、年配の人ばかり。というか、当時もしかして闘ってた?みたいな方々が多かったです。結末がどうなるのか、ハラハラしながら観ていましたが、良かったです。ホッとしました。

謝罪って、reciprocalじゃないと、なりたたないよね……。謝る側、許す側、どっちもいないと。行為だけじゃなくてね、心でね。

日本がらみの映画は真田さんか渡辺さん、どっちかが出ている感がある今日この頃ですが、真田広之は、テレビのSci-Fiチャンネルの医療SFゾンビドラマ『Helix』で、すごい悪役で出ていました。シーズンフィナーレで、実はいいやつだったことが分かりますが、このいいヤツって分かったあたりの、なんというか、萌え度がハンパなかったです。ふつうは悪役で魅力を出すものなのに、いいヤツ役で魅力を出すなんて、変わってます。だから真田さんはもっといいヤツ役をやったらいいと思います。(逆に言うと悪役に色気がない……(^_^;))

この映画が公開された頃、私は翻訳の仕事でケツに火がついていました。コリンが渡米して、いろいろプロモーション活動していたのに、ちっとも観れませんでした。一部は録画しておいて後で観ましたが、なんかこの作品の後は、すごいアクション映画に出たり(それですごく痩せていた)、パディントンベアの声をあてたり、その作品でもまたニコール・キッドマンと共演したりしているみたいですね。







"GODZILLA" 『GODZILLA』

"Let them fight!"
ええと、邦題も『GODZILLA』なのかな、今回。

『ブレーキング・バッド』のミスター・ホワイトや渡辺謙、それから声で分かったデヴィッド・ストラザーン(この人の声は独特ですよね。滑舌が良いし、実在のニュース・アンカーマンをやったのもうなずけます)が出ているのは知っていましたが、ミスター・ホワイトの奥さん役で、ジュリエット・ビノシュが出ていてビックリです。しかもすぐ死んじゃうし。この死ぬところとか、ゴジラじゃない方の怪物、"MUTO"のデザインとか、きっとスタッフは『エヴァンゲリオン』に洗脳されていますね……。"MUTO"って誰かが言う度に、私は『踊るマハラジャ』と心の中でつけ足していました。

ゴジラは最後の20分ぐらいに出て来ます。それまではなんとか頑張っていたのですが、ゴジラの脚(ムチムチして可愛い)が画面に現れた途端、安心して寝てしまいました。この最後の格闘シーンが素晴らしいらしいのに、そこで寝ました。もし、この映画を見に行って眠気を覚えたら、がまんしないで寝てください。そして最後の20分はバッチリ目を覚ましていると良いでしょう。大丈夫、それまでは寝ていても。起きていてもどうせストーリーなんて支離滅裂ですから。

最初はフィリピンかどこかの採掘現場ではじまり、次に日本の聞いたことのない土地に行き(オリジナルリスペクトなんて口ばっかりなのがバレバレ)、それから最後はサンフランシスコをゴジラと踊るマハラジャ(カップル)がぶっ壊します。チャイナタウンとか出しまくるくせ(中国と日本は相変わらず「アジア」でひとくくり。それともジャパン・タウンじゃなくチャイナ・タウンを怪物にふんずけさせたのは何か政治的に物騒なメッセージでもあるのかい)に、エキストラなどの人種構成は中国系が極端に少ないです。サンフランシスコは今じゃ1/3ぐらいの存在感あるのに。確か市長もチャイニーズ系じゃなかったかな。ハッと居眠りから醒めたら、ゴジラは"MUTO"に臭い息攻撃していました。あれは利くね。

ちなみにサンフランシスコなのは訳があるんだよね。2011年のフクシマ大地震の後、昨年あたりから漂流物がどんどんこの辺りにやって来て、民間人が個人的に放射能を測定して大騒ぎしたりしてるんですよね……。それなのに未だに毒をもって毒を制する作戦なんて、今どき軍人だって考えないだろー。

日本語クラスの生徒、Kai君(アメリカ人、11才)にゴジラ見に行かないのーって聞いたら、「ゴジラがデブだって聞いたから行かない」と言っていました。


2014年3月25日火曜日

"The Grand Budapest Hotel"『グランド・ブダペスト・ホテル』

予告編の1カット目で、誰の映画か分かってしまう——そう、それはウェス・アンダーソン印の新作映画なのでした。

舞台は、1930年代の中央ヨーロッパにあるホテル・ブダペスト。主人公は、コンシェルジュのムッシュー・ギュスターブ(レイフ・ファインズ)。ある時、常連客の裕福な老貴婦人(ティルダ・スウィントンの老けメイクだけで映画代の価値あり!?)が変死を遂げ、ギュスターブに嫌疑がかかる。彼を逮捕しようとするナチ警察、遺産を狙う老婦人の一族双方から狙われたギュスターブは、弟子のロビーボーイ、ゼロ(お化け犬じゃないよ)を巻きこみ、コンシェルジュ網を駆使して一大逃避行を始めるのだった!

ファンタスティック・ミスター・フォックス』以前は、アンダーソン監督作品は愛憎相半ばする「嫌い好き」だっんですが、What the Flick!? を見ると、やはり好き嫌いの分かれる監督さんみたいです。この作品はみんなが楽しめると思います。

この映画でも一部ストップモーション・アニメーションが使われ、また、撮影前に監督はアニマティクスを自作して、自分でナレーションをアテたものをスタッフ・キャストに見せたそうです。もしかしたらDVDに入るかもね、ってキャストの一人のジェフ・ゴールドブラムだかウィレム・デフォーだかが言っていました。

シュテファン・ツヴァイクという作家からインスピレーションを受けて作ったそうです。ウィキペディアによると、彼が著したマリー・アントワネットの伝記をもとに、池田理代子は『ベルばら』を描いたんですって。それで映画の冒頭、(架空の)作家の銅像や作家本人が出てくるのか。

この手の映画を観に来るのが、年配の人ばかりなのはもう想定内ですが、それにしても今回の平均年齢は高かった! 暗い館内でけつまづかないか、はらはらしちゃった。主人公が「老け専」の設定だからか!? 容疑をかけられて、レイフ・ファインズのコンシェルジェが逃げ出すところ、何度観ても笑っちゃうなあ。いちいち挙げきれないほどの豪華キャストですが、シアーシャ・ローナンがお菓子作りが得意な女の子役で出ています♡

それにしても、これ以外の手法はこの世に存在しないってくらい、ジャンプカットのオンパレードで、"JC(Jump Cut) Police"とあだ名されるカレッジのアニメーション科の先生がなんというか、聞いてみたいわ。

エンドクレジット、途中からかわいい線画のアニメーションが入るので、席を立たないでね。あと館内が暗いうちに席立つと危ないからさ。





2014年3月17日月曜日

"Non-Stop"『フライト・ゲーム』

齢56才にして主演した『96時間』の大成功により、すっかり強面アクション・スターの地位を確立したリアム・ニーソン。彼の最新アクション・サスペンスです。

航空保安官のビル・マークス(ニーソン)は、ニューヨークからロンドンに向かう飛行機に乗りこむ。機が離陸して間もなく、マークスの携帯電話に何者かからテキストメッセージが送られてくる。メッセージには、「スイスの口座に大金を振り込まなければ、20分ごとに機内の誰かが死ぬことになる」と記されていた。セキュリティのかかった連邦保安官専用の回線に、犯人はどうやってアクセスしたのか? 犯人は誰なのか? また、メッセージは本気なのか? だとすれば、どうやってフライト中の機内で人を殺めるというのか? マークスは時間内に犯人を特定し、乗客の無事を確保できるのだろうか。かくして、デンジャラスなノンストップのフライトが幕を開けるのだった——。

2014年3月10日月曜日

"Tim’s Vermeer"

"Tim’s Vermeer"。ドキュメンタリーです。「ティムのヴァーミーア」。ティムって誰?ヴァーミーアって誰? ティムは、Tim Jenison、発明家です。アミーガ(私がはじめて買ったパソコンだ。レミングスをやりたくて)のビデオ編集システムビデオトースターやCGソフトのLightwaveを開発した人だそうです。ヴァーミーアは、「真珠の耳飾りの少女」でおなじみの画家、フェルメールのことです。英語読みだと「ヴァーミーア」と発音するんですよね……。

2014年3月4日火曜日

"Philomena" 『あなたを抱きしめる日まで』

アカデミー賞の作品賞、主演女優賞、作曲賞にノミネートされたイギリス映画です。

50年前、やむを得ぬ事情でわが子を手放した女性が、ジャーナリストの助けを借りて探し出そうとする、実話がもとになっています。その女性、フィロミナ役にジュディ・デンチ、ジャーナリスト役にコメディアン出身のスティーブ・クーガン。ジャーナリストの著した本を脚色したクーガンはプロデューサーも務めており、皮肉なコメディアン色を消した彼の演技は、デンチとともに高く評価されています。

作品の評判は聞こえていましたが、監督がスティーブン・フリアーズと聞いて、遅まきながら観てきました。パツと見、派手さがない代わり、尻上がりにじわじわじわん、と来るタイプの映画が好きな人に、オススメです。

2014年3月1日土曜日

"The Wind Rises"『風立ちぬ』

最近これほど待たされたのもめずらしい、『風立ちぬ』、やっと本日(2014年2月28日)一般公開です。

サンタクルーズでは深夜ゼロ時の先行上映のみ日本語映画字幕上映なので、嵐が迫る中を劇場へ駆けつけ、いや傘を差しつつ急ぎ足で向かいました。こんな天気だし、題材が題材だし、あまり人は集まらないだろうな、まあ一ケタ台だった『フランケンウィニー』よりはましだろう、と思って来たら、ほぼ満員。ただ、3つあるDel Mar劇場のスクリーンのうち、一番大きいのではなく二番目のスクリーンだったのが、ちょっとケチくさいなと思いました。観客はたぶんほとんどUCSCの学生たちでしょう。男同士、女同士で4,5人の組で来たり、カップルで来たり。一組、仲むつまじい金髪百合カップルもおりました。仲間同士、お菓子を分けあったり、みんな楽しそうでいいなあ。

2014年2月27日木曜日

"One Direction: This Is Us"『ワン・ダイレクション THIS IS US』

世界中で大人気の英国ボーイズバンド、「ワン・ダイレクション」のドキュメンタリーです。アメリカでは昨年(2013年)の8月に公開されました。

『スーパーサイズ・ミー』のモーガン・スパーロックが監督なので、ひねった構成を期待したのですが、予想に反してストレートど真ん中のコンサート映画でした。IDのファンだったらエンジョイできると思いますが、そうじゃないと途中で少し退屈してしまうかもしれません。

2014年2月20日木曜日

"Frozen"『アナと雪の女王』

今年のアカデミー賞長編アニメーション賞の大本命です。すでに、ゴールデングローブ賞、BAFTA、アニー賞などを受賞済み。

アンデルセンの「雪の女王」を下敷きにし、北国の王家に生まれた姉と妹の物語に仕上げたディズニーのミュージカルアニメーション。原作では、雪の女王に攫われた幼なじみの男の子カイを取り戻すため、純粋無垢な少女ゲルダが旅に出ます。ディズニー版では、雪の女王その人と妹のお話へと、大胆に変えています。

アメリカでは、感謝祭ホリデー期間の昨年11月末に公開されました。公開前日、午後7時に先行上映が1回だけあり(普通は話題作は公開日の深夜12時にやるのですが、これはなぜか7時のフライング特別扱い)、その時に観にいきました。ディズニー映画の大ファンだから……ではなく、ノベライズのお仕事をいただいたからです。

2014年2月13日木曜日

"Oscar Shorts 2014 Showcases" 2014年アカデミー賞短編部門ノミネート作品特集

毎年恒例の、オスカー賞短編部門にノミネートされた作品をまとめて上映するプログラムです。残念なのは、今年はドキュメンタリー部門のプログラムがサンタクルーズでは組まれなかったこと。そのため、アニメーションと実写部門だけをみました。

<アニメーション部門>

+ HIGHLY COMMENDED additional shorts
:
- A La Francaise
- The Missing Scarf
- The Blue Umbrella

2014年1月7日火曜日

"Anchorman 2: The Legend Continues"

ニュースキャスターを主人公にしたウィル・フェレル主演の"ANCHORMAN: THE LEGEND OF RON BURGUNDY"『俺たちニュースキャスター』の続編です。

この作品、みょーにアメリカで人気あります。特に、ニュースキャスターたちは大好きみたいで、地元のニュース番組のお気楽キャスターたちも、公開が近付くとワクワクしていました。こっちのキャスターたちって、マジでみんな"ANCHORMAN"のキャラクターみたいです。ウィル・フェレルと仲間達がプロモーションで番組に顔を出すと、どこでも大歓迎。ノース・ダコタのニュース番組の生放送に乱入したこともあって、それがまたニュースとして取りあげられたり。トークショーの『Jimmy Kimmel』に出たとき、なつかしやクリストファー・クロスと"Ride Like the Wind"をデュエットしてたので、不思議に思ったら、映画のオープニング曲に使ってました。その頃(80年代初頭)のお話だからね。FYI、クリストファー・クロスは、よくサンタクルーズのビーチ・ボードウォークの夏のコンサートでパフォーマンスしてくれます(^_^)。




花形ニュースキャスターのハリソン・フォードのせいで、キャスター職をクビになったロン・バーガンディ。古巣のサンディエゴに戻ってどん底生活をしていたところ、新たに24時間放送のニュース局「GNN」から声がかかる。昔の仲間達(ポール・ラッド、スティーヴ・カレル、ディヴィッド・ケックナー)をひきつれて、ニューヨークに意気揚々と舞い戻った。だが、スター・キャスターはほかにおり(ジェームス・マースデン)、バーガンディのチームは深夜二時という枠があてがわれる。つい売り言葉に買い言葉で、スター・キャスターと賭をしてしまうバーガンディ。もし視聴率で彼を上回らなければ、職を辞めてサンディエゴに帰らなければならない。だが、バーガンディはひらめいた。「伝えなければいけないニュースを伝えるのではなく、みんなが聞きたいニュースを伝えればいいじゃないか!」

かくして、愛国ネタ、動物ネタ、異常気象などをとりあげ、みごとに狙いが当たって視聴率競争に勝ったバーガンディ。我が世の春を謳歌するも、おごる平家は久しからず……。

前作は私も大好きで、たくさん笑いました。今回は、まあまあかな。スティーヴ・カレルの精神年齢5才のニュース・キャスターが特に面白かったです。今回は、SNL仲間のクリステン・ウィグが、カレルの恋のお相手役をつとめます。

ロン・バーガンディは、ハリソン・フォードが後釜に抜擢した女性キャスター、クリスティナ・アップルゲートとの間に男の子がいて、その男の子がいい味を出してました。(^_^) バーガンディと別れた後のアップルゲートの恋人役が、お気に入り俳優のグレッグ・キニア。心理カウンセラーの役なのですが、バーガンディは「オレの心を読むな!」と怖がっちゃいます。シリーズお約束(?)の各ニュース局入り乱れての乱闘シーンでも活躍してます(^_^)。乱闘シーンは、豪華オールスターキャストで、カナダのニュース局スタッフにジム・キャリーがいたりしました。ほかにもサシャ・バロン・コーエン、ウィル・スミス、キリステン・ダンスト等々。

"47 Ronin"

2014年元日に観た2本目!

元日に、アメリカで、アメリカ人達と一緒に「忠臣蔵」を観る、というセンス・オブ・ワンダーを満喫したはず……なのですが、映画がワンダーすぎて、ちっとも「忠臣蔵」を観た気になれませんでしたよ。(T_T)

"Saving Mr. Banks"とガラッと客層が変わって、若者や子ども連れなどで、結構入っていました。切腹みたいな厳粛なシーンでも平気でポップコーンばりばりやってましたけど。

カール・リンシュ監督の短編作品に観られる映像センスが素晴らしかったので、期待したのですが、シーンからシーンへのつなぎ方があまりうまくなさそう。脚本の問題かもしれないけど。どニッポンの話に、どうキアヌを入れこむのか、悪戦苦闘ぶりが忍ばれ、涙なくして見れません。(T_T) 

どうせなら、「妖怪大戦争」的なノリで、かっぱとか、からかさおばけとか、一つ目小僧とか、ワサワサ出してくれたら面白かったのになあ。カール・リンシュの美意識が許さないか……。せめて、石岡瑛子がご存命だったら、もう少し衣装は、ケレン味を出しつつもあそこまでshamelessなものにはなからなかったのではないかと。

私の生徒の一人の空手キッズの名前が「Kai」なので、喜んでいました。(^_^)



"SAVING MR. BANKS"『ウォルト・ディズニーの約束』

2014年元日に見た1本目!

去年の暮れはディズニー関係の仕事をしており、ネットでいろいろ情報を集めていたら、たまたまこの作品の予告編を見て、「観にいこう!」と決めた作品です。それまでは存在を知りませんでした。

ひとことでいうと、ディズニーの映画『メリー・ポピンズ』の製作秘話。予告編(米国版)から、原作者のP・J・トラバース女子は堅物のイギリス女史で、映画の脚本や歌にダメだしばかりだしていたらしいのが分かります。ウォルト・ディズニーがどんな”ディズニー・マジック”を使って彼女を懐柔したか、というのがストーリーの肝。トラバースをエマ・トンプソン、ウォルト・ディズニーをトム・ハンクスが扮しています。エマトンが、窓から脚本をパーって放り投げるシーンとか、予告編の編集やカットのリズム感、ノスタルジックなセピア調のカラーパレットがいいなと思いました。