2015年1月17日土曜日

"Medal Winners Open" 「メダルウィナーズオープン」(フィギュアスケートの試合観戦レポート)



映画じゃないんですが、

2015年1月16日、代々木競技場第一体育館で行われたフィギュアスケートのショーというか競技会(?)の、「メダルウィナーズオープン」を見にいきました。スケートを見にいくの、初めてです。どんな感じでしょうね、どきどき。

会場を入ってすぐにグッズ販売のブースがあり、ブース同士がくっついているため人でごった返していて商品の品定めもままならない状態。プログラムは売っていませんでした。また、選手それぞれの箱が並んでいて、プレゼントやファンレターをそこへ入れるようになっていました。なるほど。


2015年1月15日木曜日

"How to Train Your Dragon 2"『ヒックとドラゴン2』

※2014年の春に書きました。祝GG賞受賞ということで、遅まきながらアップ。

ドリームワークスのCGアニメーション、『ヒックとドラゴン』の続編です。

<続編>と聞くと、たいていはオリジナルより格段に落ちるか、オリジナルの80%ぐらいの満足が得られれば、御の字、と映画ファンは思うのではないでしょうか。

この作品に関しては、公開前から、CGアニメーション業界人たちの間で素晴らしいとの前評判が聞こえて来ましたし、全米公開に先立って上映されたカンヌ映画祭でも、たいへんな好評だったというヘッドラインが目を引きました。それでも、まあ続編だから、スケールアップして見せ場なんかもより派手になっているのだろう、程度の期待で、観にいきました。

たまにですが、あるのね。1作目の精神を裏切ることなく、なおかつ1作目に勝るとも劣らない興奮と感動を与えてくれるような続編が——。

2015年1月12日月曜日

「東欧アニメをめぐる旅」展

神奈川県立近代美術館 葉山の「東欧アニメをめぐる旅」展に行ってきました。

チラシやHP を見ても、展示内容を詳しく紹介していないので、作品上映が中心で、あとはセル画などがいくつか展示してあるぐらいなのかな、と思ったら、ナント、スージー・テンプルトン監督の人形アニメで、アカデミー賞短編アニメーション部門受賞作『ピーターと狼』のピーターと狼とアヒルさんの人形が、ケースに入って展示されていて、ビックリしました。手にとって、ちょっとでいいから手足を動かしてみたかったです。せめて写真を取りたかったけれど、撮影禁止でした。さらに、振り返ると、部屋の反対側には、信じられないことに、トルンカの、「バヤヤ」と「チェコの四季」の人形が、無造作に立っているではありませんか! ちょっと遠かったけど、来て良かった……。

「東欧アニメをめぐる旅」
(http://www.moma.pref.kanagawa.jp/en/public/HallTop.do?hl=h)