2015年12月31日木曜日

"Carol"『キャロル』

やっと観れました、『キャロル』。主人公の設定(1950年代の東海岸のデパートで売り子さんをしている)が似通っていて、間違えて『ブルックリン』を観に行っちゃった(アホ)のは数週間前のことです。サンタクルーズでは、本作はクリスマス・デーの公開でありましたとさ。

原作は、『太陽がいっぱい』のパトリシア・ハイスミス。『太陽〜』のトム・リプリーが中年になって登場する『アメリカの友人』がすごい好きで、ブルーノ・ガンツに一時はまっていましたよ、そういえば。どうでもいいけど(^_^;)。 ハイスミスが別名義で書いた小説を、『エデンより彼方に』(ああ、ありました! そんな映画)のトッド・ヘインズが映画化しました。

2015年12月24日木曜日

"Danish Girl"『リリーのすべて』

1920年代のコペンハーゲンで、ある日「自分は男性の体に閉じこめられた女性である」と自覚した、実在の人のお話です。『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞を受賞したエディ・レッドメインが、その人物、アイナー(リリー)を演じ、『英国王のスピーチ』のトム・フーパーが監督しています。

愛する妻のゲルダとデンマークのコペンハーゲンに暮らすアイナーは、風景画家としてそこそこの評価を受けていた。ゲルダも肖像画を描く画家だが、鳴かず飛ばずだ。だが、遊び心で夫に女装させて描いた肖像画が画壇の眼鏡にかない、パリに招かれるまでになる。一方それがきっかけで、アイナーは自分が本当になりたいのは女性だったことを悟る。

2015年12月10日木曜日

“Spotlight”『スポットライト 世紀のスクープ』


「スポットライト 世紀のスクープ
カトリック教会の大罪」竹書房刊
<スポットライト>チームによる
原作ルポルタージュ!
電気羊 訳
 すでに始まった映画賞レースを賑わして話題の映画、『スポットライト』を観てきました。

2002年、ボストンのカトリック教会で長年隠蔽されてきた司祭による頻繁な子どもへの性的虐待をとうとう大々的に取りあげたボストン・グローブ紙の記者チームを主役にすえた、硬派な映画だというので、覚悟はしましたが、やっぱり英語の聞き取りが大変でした(^_^;)。しかも会話が多いんだー。でも、ハリウッド映画にありがちな、マシンガントークでがんがん話すキャラクターはいませんでした。みんな、まじめで誠実に話す人たちばかり。軽口のセリフはほとんどなく、ジャーナリストらしく、そして映画の題材に似つかわしく、内容の重さにかかわらず、とてもmatter-of-factoryなやりとりが交わされていきます。

2015年12月6日日曜日

“Brooklyn”『ブルックリン』

『ブルックリン』という映画を観てきました。

本当は、ケイト・ブランシェットの話題作、”Carol” 『キャロル』を観に来たのです。でも、映画館のもぎり嬢が「そんな映画はやってないわよ」というのです。スケジュール表を見ると、“Brooklyn”とあります。ああそうそう、そんなタイトルだったかも、と、一抹の不安を覚えつつも、とりあえず切符代を払ってScreen 6番の部屋へ。映画が始まり、若い女性が石造りの家の扉を開けて、出て来ます。あれ、ルーニー・マーラーの顔と違うな、と一瞬思った後、顔の主に思い当たりました。シアーシャ・ローナンです。あ、これケイト・ブランシェットの映画じゃないや。間違えちゃった。そういえば、シアーシャ・ローナンの主演映画のスチール、今朝観たわ。いや、いいんだけど、シアーシャかなり好きだから(『つぐない』も『ラブリーボーン』も『ハンナ』も『グランド・ブタベスト・ホテル』も好き)、観ようと思ってたし。でも、彼女が出てるって以外、まったくどんな映画が知らないし、『キャロル』を観るつもりだった気持ちをリセットしないといけないだけさ。