2016年6月28日火曜日

“Genius”『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』

 コリン・ファースの新作映画です。初日の初回に行きました。内容からして案の定、観客は自分以外、見事に白髪またはつるぴかさんのみ。Nickelodeonという昔からある小さな映画館で、小さいのはそのままですが、椅子がグレードアップしてカップホルダーのある、座り心地のいい椅子になりました。Landmarkというチェーンに買われちゃったんですよね。床に、前の椅子を引っこ抜いた痕が残っていました。

ヘミングウェイやフィッツジェラルドを担当した伝説的名編集者マックスウェル・パーキンズと、トマス・ウルフの関係を描いた映画で、トマス・ウルフの伝記名編集者パーキンズ(バーグ著)が基になっています。監督はイギリスの舞台監督出身で、これが映画デビュー作のマイケル・グランデージ。

2016年6月18日土曜日

“Finding Dory”『ファインディング・ドリー』


 
映画館でもらったくじ引き。私は311人目の観客。
『ファインディング・ドリー』の公開初日、3Dで観ました。アメリカは夏休みなのでちびっ子で満員かな、と思ったらガラガラでした。(でも金曜日朝のニュースでピクサーアニメの初日の新記録、とあったので、それはサンタクルーズだからでしょう)