2016年7月22日金曜日

"Hunt for the Wilderpeople"


ニュージーランドの人気作家バリー・クランプが1986年に書いた“Wild Pork and Watercress”という本が原作。



監督は『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』のニュージーランド人監督タイカ・ワイティティ。手腕が認められ、『マイティ・ソー』三作目の監督に抜てきされました。Rotten Tomatoでは、100%の”Fresh”判定。


ニュージーランド。身よりのない少年が、人里離れた山小屋に暮らす中年夫婦に引き取られる。リッキーという少年は手のつけれられない問題児で、里親をたらいまわしにされ、ここが最後のチャンスだった。だがその晩さっそく家を抜け出したリッキーは、山中で一夜を明かす。翌朝、里親のベラおばさんは犬を連れて寝ているリッキーを見つけるが、責めるでもなく、朝食を食べさせに連れ帰る。ベラの亭主ヘック(サム・ニール。彼はオーストラリア人俳優)はリッキーを邪魔者としか見ていないようで、たいてい無視している。