2017年3月25日土曜日

"Kedi"『猫が教えてくれたこと』

イスタンブールの野良猫たちを撮ったドキュメンタリー。

海辺の古都、イスタンブールは野良猫だらけ。「野良猫のいないイスタンブールなんて考えられない」と住人がいうほど、街の暮らしと一体化しています。

映画は、うじゃうじゃいるネコたちから7匹をクローズアップして追いかけますが、それぞれにそのネコたちをかまう人間がいます。えさをあげたり、なでてあげたりはするけど、飼ったりはしない距離感が絶妙で、一匹一匹個性的なネコの流儀もおもしろいけど(おなかが減ると、カフェの中には入らないけど窓をガジガジするネコとか、完全に夫ネコを尻に敷いてて住人から〝となりのサイコパス〟と呼ばれてるボスネコとか)、見守る人間たちもそれぞれのネコ観があり、それがまたうんちく深いです。「犬は人間を神様だと思ってる。ネコは神の存在を知っている。人間はネコが神の遣いだと思ってる」(だったかな)とかね。もうすぐ一帯に大きなビルが建つ予定で、人間よりネコたちを心配する人もいました。どんな人も、ネコを見守る目の優しいことと言ったら。

監督さん
カメラはネコの目線と同じ高さで映すので、必然的に道ばたのゴミとかが結構目立ちます。人々もなんだかみすぼらしい格好で、「身だしなみ? なにそれ」って感じです。そのうちネコよりゴミの方が気になってきちゃって、日本人ていつの間にか潔癖すぎる民族になっちゃったんだなあ、と変な感慨を抱きました。だって、これが日本人が撮った映画ならば、きっと汚らしい場所は撮らないか、ゴミを片づけてから撮ると思うのです。でも監督さん(これがデビュー作のCeyda Torunというイスタンブール生まれの女性)は、そんなことはまったく頓着せず、つまりそれが当たり前だと思っているわけですよね。きっと、道ばたのゴミが気になる観客がいるなんて、考えもしないのではないでしょうか。

潔癖症日本人の私としては、人間はあまり出てこないで、ひたすらネコたちを美しい映像で追いかける「世界ネコ歩き」の方が、ネコだけに集中できて性に合っています。でもDVDが出たらきっとまたもう一回観ちゃうでしょう。

ちょうどこの頃「インフェルノ」をオーディオで聞いていたのですが、クライマックスの舞台がイスタンブールでした。映画版も観てみよう。ネコは映るかしら。ハリウッド映画だから、絶対道ばたにゴミなんか落ちてなくて、人々もすっきりした身なりをしていることでしょう。

🐱 “Kedi”の一コマみたいな、トルコのニュース番組に迷い込んだ野良猫のお話
「座り心地良さそうなPCじゃニャいですかー!」 トルコのニュース番組に猫が乱入 のびのびとくつろぐ

0 件のコメント: