2017年7月18日火曜日

"The Founder" 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』

スパイダーマン:ホームカミング』のマイケル・キートンが鮮烈だったので、ちょっと前に公開された彼の主演作『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』のDVDを借りて、観てみました。

邦題通り、マクドナルド創業秘話です。
キートンが演じるのは、レイ・クロックというセールスマン。ドライブインレストランにミルクシェイクのミキサーを売り込んで回るが、ちっとも買い手がつきません。そこへ、1度に8台ものミキサーを注文する店が現れます。半信半疑でカリフォルニアにある店の視察に赴いたレイは、マクドナルドというハンバーガー・レストランの、徹底して効率化を図った画期的なシステムを目の当たりにし、天啓を受けます。渋る兄弟を説得して、フランチャイズ権の契約を結んだレイの、猪突猛進が始まる…。

2017年7月14日金曜日

“Spider-man: Homecoming”『スパイダーマン:ホームカミング』

ここ数年、ヒーローものはあまり観なくなったので、映画の冒頭で面食らいました。

ピーター・パーカーはもうスパイダーマンになっていて、なぜかジョン・ファヴローのお守りがついていて、ほかのヒーローたち(アベンジャーズ)と一緒に模擬戦をしています。
一方ニューヨークでは、なんだかテーマパークのアトラクションのようなデザインの構造物を解体する作業員たちが、政府の役人(トニー・スタークがバックについている)からお役御免になります。作業員の親分をマイケル・キートンが演じていて、「エイリアンの遺物を利用してやる」と、スタークら「1%の富裕層」への復讐に燃えます。つまり、解体しているのはエイリアンのものであり、この映画はエイリアンが地球に攻めてきて、追っ払ったあとのお話のようです。

2017年7月7日金曜日

"Cars 3" 『カーズ/クロスロード』

やはりこういうのは映画館の大きなスクリーンで観る方がいいだろうということで、Cinema9で鑑賞。

公開3週目ぐらいの午前11時の回で、お客さんはあともうひとりだけ。座席指定するときは真ん中後方の一番いい席がいくつか埋まっていたのに、変なの。

とてもおもしろかったです。
映像も、ストーリーも、素晴らしいです。 時々実写と見まごいます。
そして人生下り坂の人間にとって、グサグサ来ました。映画のターゲットである子供や若者、「負けたことのない人(by『そして、父になる』のリリー・フランキー)」にはピンと来ないでしょうに、それを百も承知で作ったに違いない、ピクサーのクリエイター魂に敬服です(辛い評価をしている映画評論家は、きっと勝ち組なのでしょう)。

2017年7月2日日曜日

“47 METERS DOWN”『海底47m』

夏にピッタリ、海洋ホラー。

マンディ・ムーアとクレア・ホルトの姉妹がバカンスに訪れたメキシコで、現地で知り合った二人のイケメンに誘われてケージ・ダイビングに挑戦する。くたびれた小さなボートで沖に出ると、イケメンたちが先に檻に入り、安全に水中でのサメ鑑賞をエンジョイした後、ふたりの番が来る。さびさびの檻に不安を隠せない二人に、船長のマシュー・モディーンは「大丈夫。いったん海中に入ったら出てきたくなくなるから!」と保証する。その言葉通り、最初はサメたちの泳ぐ姿にはしゃぐ姉妹だったが、檻につながれたケーブルが切れてしまい、47メートルの海底に落ちてしまう。サメの徘徊する海中から、酸素ボンベのタイムリミット内にふたりは浮上できるか!?

マシュー・モディーン(『ストレンジャー・シングス』『バーディ』『フルメタル・ジャケット』)のファンなので観に行きましたが、堂々たるチープなB級ホラーを楽しめるかどうか半信半疑で、さびさびの檻に入る姉妹さながら不安な気持ちでした。

でも、面白かったです。大胆な行動派の妹に比べ慎重派の姉は「退屈だから」とカレに出て行かれ、傷心を癒やすために来たバカンスで柄に似合わず冒険する、という設定も薬味がほどよく効いていました。

音楽がお久しぶりのトマンダンディ(ルトガー・ハウアー主演『MR.STITCH 悪魔の種子』)。

似たようなプロットの『ケージ・ダイブ』とは別物なので要注意!

いちおうダイビングの経験はあるけれど、水深47メートルの恐怖がいかばかりのものか、ちょっと想像つかないなあ。自分だったらそれだけで恐怖のあまり死んでしまいそうだ。

トーク番組に出たときにマンディ・ムーアが説明していましたが、撮影は深さ5mぐらいのタンクで行い、海底感を出すために水を濁らせたそうです。ずっと水の中に浸かっているので、どうしてもおしっこ出ちゃうんですって。😅 ほんとに水中での演技、大変そうです。マシュー君も二人の主演女優の女優魂を讃えていました。

2017年7月1日土曜日

"Baby Driver"『ベイビー・ドライバー』

『ショーン・オブ・ザ・デッド』のエドガー・ライト脚本・監督による、凡百の犯罪アクションとは一線を画す作品。

主人公のベイビーは、『ドライブ』のライアン・ゴスリング同様、犯罪者たちを犯行現場から警察の追跡を振り切ってゲッタウェイさせるドライバー係をしています。どんなときもイヤホンをはめて型落ちのipadから音楽を聴いているのは、子供の時に遭った交通事故で耳鳴りに悩まされるようになったから、という設定。

映画冒頭の、BGM(=ベイビーが聴いている曲。この時はジョン・スペンサー・ブルーズ・エクスプロージョンの「ベルボトムズ」)にピッタリとアクション&カット割りのタイミングを合わせたカー・アクションが、爽快この上ないです。ベイビー(アンセル・エルゴート)は文字通りベビーフェイスで口数も少ない一見人畜無害そうな若者ですが、いったんハンドルを握ってアクセルを踏んだら、誰にもnonstoppableな天才ドライバー。